FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jim Hall Trio featuring Tom Harrell :These Rooms (1988年)

TheseRooms : Jim Hall Trio featuring Tom Harrell

オススメ度

★★★☆☆

所感

まったり。ジム・ホール・トリオにトム・ハレル(フリューゲルホーン、トランペット)を加えてのカルテット編成。スタンダード曲も多いし、ジムおじさんのアルバムとしては普通の部類になるでしょうか。カルテットだだけでなく、ギターソロ、デュオなどの演奏編成もあり、いろいろな楽しみ方ができる。曲調はわりとゆったりめの曲が多い。フリューゲルホーンといえばジムとアート・ファーマーとのコンビを思い浮かべるが、この楽器でほかのプレイヤーってあんまり見かけないなぁ。知らんだけかも。ドラムはジム・ホールの最新作(2008年現在)Hemispheresでも参加してるジョーイ・バロン。ジムの公式アルバムではこれが初参加となるのかね。金物系やスネア、総じて音色がやわらかい印象のドラマーだな。フリューゲルホーン独特の温かみのある音色、やわらかい印象のドラムと相まって全体的にほわーっとした印象をうけるアルバムだ。まったりと和むのには最適かと。10曲もあるんだからもうちょっと刺激がほしいかなーと若干物足りなさも感じるので星3つ。

#3.Something Tells Meはジム・ホールのギターとトム・ハレルのトランペットによるデュオ。#5.All Too Soonはギターソロ。アルバムタイトル曲である#6.These Roomsは長い無調音楽のような意味不明イントロが5分続いたあと、やっとこさふつーのテーマになるという実験的な内容。90年代のジム・ホール壊れ系(笑)の兆しが見えます。#7.Darn That Dreamはジムとスティーブ・ラスピナ(ベース)のデュオ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
These Rooms
アルバム名義
Jim Hall Trio featuring Tom Harrell
アルバムタイトル(邦題)
ジーズ・ルームス
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール・トリオ・フューチャリング・トム・ハレル
収録年
1988/3/9,10
発売元,レーベル
Concord Jazz,Inc.
所有盤
国内版CD
販売元
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
CD発売日
2006/4/19
規格品番
COCB-53536
JAN
4988001914679
定価
2,300円(税込)

曲目

  1. With a Song in My Heart
  2. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  3. Cross Court
  4. 作曲
    Jim Hall
  5. Something Tells Me
  6. 作曲
    Jane Hall
  7. Bimini
  8. 作曲
    Jim Hall
  9. All Too Soon
  10. 作曲
    Carl Sigman;Duke Ellington
  11. These Rooms
  12. 作曲
    Jim Hall
  13. Darn That Dream
  14. 作曲
    Eddie DeLange;James Van Heusen
  15. My Funny Valentine
  16. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  17. Where or When
  18. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  19. From Now On
  20. 作曲
    Tom Harrell

演奏者

Jim Hall
guitar
Steve LaSpina
bass
Joey Baron
drums
Tom Harrell
flugelhorn,trumpet
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。