FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Santa's Bag : Various Artists (1994年)[CD]

Santas Bag : Various Artists (1994年)[CD]

オススメ度

★★☆☆☆

所感

さまざまなアーティストがクリスマスソングをジャズで演奏したコンピレーション・アルバム。ボーカルものもあり、ブルースもあり、いろんなタイプの曲が収録されている。ジム・ホールは#10.O Tannenbaum(「もみの木」、ドイツのトラディショナルソング)をアコースティックギター1本でソロ演奏しているのみ。実に静謐な演奏、しかもトラックの時間は2分47秒!この1曲のためだけに査収するかどうか、ジム・ホール愛がためされる1枚。
このアルバムにはジム・ホールと競演したジョージ・シアリング(ピアノ)、ジェリー・マリガン(バリトンサックス)、ケニー・バロン(ピアノ)なども参加している。ジム度はちょー低いよーってことで星2つ。クリスマスの時期にかけるBGMにはよいかもです。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Santa's Bag An All-Star Jazz Christmas
アルバム名義(英語表記)
Various Artists
収録年
Jim Hall #10 1994/1/25 at the Power Station ,New York City
CD発売元
Telarc International Corporation
CD発売日
2004/10/18
規格品番
CD-83352
UPC
089408335228
定価
N/A

曲目

  1. Let It Snow
    演奏
    Ray Brown Trio - Ray Brown,bass;Benny Green,piano;Jeff Hamilton,drums:1994/4/21
  2. Good King Wenceslas
    演奏
    Mel Tormé,vocal;Johon Colianni,piano;John Leitham,bass;Donny Osborne,drums:1992/4/5
  3. Away in a Manger
    演奏
    George Shearing,piano;Louis Stewart,guitar;Allan Ganley,drums;Neil Swainson,bass:1992/9/19
  4. Silver Bells
    演奏
    Jimmy McGriff & Hank Crawford Quartet - 
    Jimmy McGriff,Hammond B-3 organ;Hank Crawford,alto sax;Rodney Jones,guitar;Jesse Hameen,drums:1994/1/21

  5. Christmas Blues
    演奏
    Joe Williams,vocal;George Caldell,piano;Charlton Johnson,electric guitar;Cleveland Eaton,bass;David Gibson,drums:1992/11/20
  6. Have Yourself a Merry Little Christmas
    演奏
    Jeanie Bryson,volal;Kenny Barron,piano;Ray Drummond,bass;Ron Davies,drums:1993/1/23
  7. Santa Claus Is Coming To Town
    演奏
    Gerry Mulligan & Dave Brubeck - 
    Dave Brubeck,piano;Gerry Mulligan,baritone sax:1994/1/29

  8. Jingle Bell
    演奏
    Travelin' Light - SamPilafian,tuba;Frank Vignola,guitar & banjo;Don Keiling,rhythm guitar;Joe Ascione,drums;Andy Kubiszewski,percussion:1992/713-15
  9. White Christmas
    作曲
    Bobby Short,vocal:1992/1/21
  10. O Tannenbaum
    演奏
    Jim Hall,accorstic guitar:1994/1/25
  11. Blue Christmas
    演奏
    Michele Hendricks,vocal;Al Grey,trombone;Red Holloway,tenor sax;Benny Golson,tenor sax;Renato Chicco,piano;Mark Elf,guitar;Ugonna Okegwo,bass;Andy Watson,drums:1993/12/23-26
  12. O Come, O Come Emmanuel
    演奏
    Hilton Ruiz,piano
  13. It's the Time of the Year
    演奏
    Louie Bellson Big Band - Louie Bellson,drums;Derek Smith,piano;Ted Nash,tenor sax;Marvin Stamm,Harvie Swartz,bass:1993/12/16

演奏者:上記の通り


スポンサーサイト

The Unreleased Sessions : Buddy Collete (1956-1959年)[CD]

Jim Hall Buddy Collete unreleased sessions

オススメ度

★★★☆☆

所感

「Jim Hall Featuring Buddy Collette」とジム・ホール名義で表示しているが、元の音源はフルート、サックス奏者のバディ・コレット関連のレコード3枚をCD1枚に収録したもので、ジム・ホールはサイドマンとして参加している。1950年代のジム・ホールのレア音源ってな位置づけですな。
#1-11のオリジナルレコードはMercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"から全曲収録。#12~15はDIG Records J-101 "MODERN AFRO - AMERICAN JAZZ Tanganyika"からで、これは単体で1993年にCD化されており、10曲中4曲をボーナストラックとして収録。#16-23はInterlude 505 "Buddy Collette and the Poll Winners Porgy and Bess" から全曲収録。
"~At The Cinema!"の楽曲はフルートが4人もいる編成となっており、お上品な室内楽曲。爽やかで洗練された曲・演奏が多く、全体的にアドリブよりも作りこまれた編曲を楽しむ内容だ。ちなみにベースはレッド・ミッチェル。ジム・ホールのギターもまぁまぁある。アドリブソロというよりきちんとしたメロを他の楽器とユニゾンしたり、という演奏が多い。
”Tanganyika”は意外とジムおじさん活躍で目立っている作品で、単品を入手できるならちょっとオススメかも。
"Porgy and Bess"はミュージカル「ポギーとべス」からガーシュウィンの曲をアレンジ・カバーしたもの。わりとジム・ホールも目立っており、ジムの音色も楽しめる。あと50年代のジャズとしては珍しく?オルガンが入ってるのが特長。しかし元のレコード音源が悪いのか、かなりノイズが鳴っており残念!もしこれだけ収録してたらクレームレベルだわ~。まぁいいけど。そういえばRuby Braff with Hank Jones Complete Recordings Featuring Jim Hall (1958年)[CD]もガーシュウィンのカバー集だったな。
ジム度は後半の"Pogy and Bess"がそこそこよかったので星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
The Unreleased Sessions
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall Featuring Buddy Collette
収録年
#1-11 1959/10 LA; #12-15 1956/10/11 Hollywood ; #16-23 1957/6 LA
オリジナルレコード レーベル
#1-11 Mercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"
#12-15 DIG Records J-101 "MODERN AFRO - AMERICAN JAZZ Tanganyika"
#16-23 Interlude 505 "Buddy Collette and the Poll Winners Porgy and Bess"
所有盤
輸入CD
CD発売元
Lone Hill Jazz (Long Horn Inc.)
CD発売日
2004/8/24
規格品番
LHJ10144
EAN
8436019581445
定価
N/A

曲目

  1. Laura
    作曲
    David Raksin
  2. Smile
    作曲
    Charlie Chaplin
  3. The Band And The Beautiful
    作曲
    David Raksin
  4. The Shrike
    作曲
    Pete Rugolo
  5. I Can't Believe That You're In Love With Me
    作曲
    Clarence Gaskill/Jimmy McHugh
  6. The Trolley Song
    作曲
    H. Martin/Ralph Blane
  7. Intermezzo
    作曲
    Heinz Provost/Robert Henning
  8. Ruby
    作曲
    Heinz Roemheld/Mitchell Parish
  9. Invitation
    作曲
    Bronislaw Kaper
  10. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  11. Colonel Bogey & River Kwai March
    作曲
    K.J. Aldford
  12. It's You (bonus track)
    作曲
    Buddy Collette
  13. A Walk On The Veldt (bonus track)
    作曲
    Buddy Collette
  14. Wag nervous (bonus track)
    作曲
    Chico Hamilton/Gerald Wiggins
  15. And So Is Love (bonus track)
    作曲
    John Anderson
  16. Where's My Bess
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  17. My Man's Gone Now
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  18. Summertime
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  19. It Ain't Necessarily So
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  20. I Got Plenty Of Nuttin'
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  21. There's A Boat That's Leavin' For New York
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  22. Bess You Is My Woman
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  23. A Woman Is A Sometime Thing
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin

演奏者:#1-11

Buddy Collette
C-flute,alto flute
Bud Shank
E-flute
Paul Horn
flute
Hayy Klee
alto flute,bass flute
Jim Hall
guitar
Bill Miller
piano (#1,2,6,8,11)
John T. Williams
piano (#3,4,5,7,9,10)
Red Mitchell
bass
Shelly Manne
drums (#1-5)
Earl Palmer
drums (#6-11)

演奏者:#12-15 

Buddy Collette
reeds
John Anderson
trumpet
Gerald Wiggins
piano
Jim Hall
guitar
Curtis Counce
bass
Chico Hamilton
drums

演奏者:#16-23 

Buddy Collette
flute,bass clarinet
Jim Hall
guitar
Gerald Wiggins
organ
Pete Jolly
accordion
Red Callender
bass
Leuis Bellson
drums

10 years old Neo Yamada Billie's Bounce

jim hall maniacsの益満妙さんの素晴らしいギターが見られますので貼り貼り。
曲はジム・ホールもライブ・イン・トーキョーでも弾いてたチャーリー・パーカーのBillie's Bounceですね!
この山田ネオくんという10歳?!のオルガンもびっくりですがー



jazz guitar book Vol.30にジム・ホールのインタビュー掲載[雑誌]

シンコー・ミュージック・ムック jazz guitar book[ジャズ・ギター・ブック] Vol.30(2011年7月11日発売)にジム・ホールのインタビューがカラーで4ページ掲載。最近のインタビューみたいで体調などについて質問してた。 記事の「[特集]デュオを極める!」では当然ながらジムおじさんも引き合いに出されてます。

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。