FC2ブログ

発売延期と返金 ジム・ホール、ジュリアン・ラージらとの新譜

2019/10/22に、ジム・ホール、ジュリアン・ラージらとの新譜について制作元のArtistShareからメールで案内がありました。 当初の発売予定は2019/7/19でしたが、技術上および業務上の問題が発生したため発売を延期するとのこと。注文については返金するとのことです。 最近の注文はクレジットのキャンセル処理を行い、8月以前の注文はPaypal支払いで返金するとのことです。事実上、受注のキャンセルを通知する案内と思われます。

※筆者は別途Paypalから返金のメールがきており返金の申請期限は2019/11/19までとなっていました。
延期後の発売日はメールに記載がありませんが、公式サイトの注文ページには見込みの出荷日としてEstimated ship date :2020/4/1と記載しています。 現在、注文できるようにはなっていますが、少し様子を見たほうがよいかもしれません。
公式サイト hall, baron, colley, lage
下記はメール転載

We hope this email finds you well. We have run into a few more technical/logistical issues with the Jim Hall featuring Julian Lage recording. At this time we are issuing refunds instead of pushing the date another time. Once the recording is finished you will receive a complimentary download for your patience. For more recent orders, your funds will be automatically credited back to your credit card. For orders placed before August, you should receive a refund via PayPal or Chase. We would like to thank you again for your participation in this project and apologize for wait. Thanks again for supporting Jim’s legacy. Best, The ArtistShare Team

スポンサーサイト



ジム・ホール、ジュリアン・ラージらとの新譜が2019/7/19に発売予定

ジャズギタリスト、Jim Hall(ジム・ホール)の新譜が米国レーベルArtistShareから2019/7/19発売予定です。
演奏者はギタリストのJulian Lage(ジュリアン・ラージ)、ドラムにJoey Baron(ジョーイ・バロン)、ベースにScott Colley(スコット・コリー)。

新譜の公式ウェブサイト: ArtistShare hall, baron, colley, lage

アルバムの正式タイトルは不明。
ArtistShareからのダイレクトメールのヘッダーは Jim Hall, Joey Baron, Scott Colley and JulianLage - Live! となっています。
詳細不明ですが未発表音源のようです。 ArtistShareのウェブサイト購入予約受付中。 
基本的にはCDかダウンロード販売のようですが、高額な購入コースのExecutive Producer Participant(USD 12,000) 、Gold Participant(USD 5,000) ではハンドメイドによる2曲入りの7inchビニール盤(レコード)も入手できるみたいです。この2曲というのがCDに入ってるものなのかCDにも入らないものなのかが不明で気になります。

余談ですが、昔はJulian Lageの日本語表記はジュリアン・レイジと書かれいていたようですが、今はジュリアン・ラージと書くことが多いみたいです。人から聞いた話ですが、、そのほうが発音に近いみたい
***
Julian Lageといえば2013年8月5日のニューポート・ジャズフェスティバルでJim Hallのライブにゲスト出演し、そのときの音源は今でも米国NPRのサイトで聞けます。
リンク:Jim Hall Trio With Julian Lage, Live In Concert: Newport Jazz 2013 : NPR
このときの演奏者はJim Hall, guitar Scott Colley, bass Lewis Nash, drums Julian Lage, guita
とのことでドラムがLewis Nashです。



ポリトーンのホームページが作成中になっている

ジム・ホールが使用していたことで知られるギターアンプのポリトーン社のホームページが「作成中」になっています。
楽器店の店員さんからは会社自体がなくなったと聞いていました。また、ホームページはアクセス不可になっていました。
アクセスはこちら。
https://polytoneamps.com/

一体どうなるのでしょうか、、、
最近、個人的にはDV Markのアンプが気になるこの頃です、、

関連 サイト内記事 ギターアンプメーカーのPolytone (ポリトーン社) なくなってた 2017/04/15

ArtistShareがジム・ホールのアルバムをグラミー賞選考に提出

情報元はArtistShareのダイレクトメール。日付は2017-10-24(JST)。
ジム・ホールのアルバムを制作していた米国レーベルArtistShareが、2016年10月に発売したアルバム「Valse Hot - Live at Sweet Basil 1978」を今年(2017年)のグラミー賞の選考に提出したとのこと。本作はジム・ホール(ギター)とレッド・ミッチェル(ベース)のデュオアルバム。

内部リンク Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978 (1978年) [CD]{ライブ録音}

グラミー賞は一次選考、二次選考があり、レーベル側から一次審査の受付に応募したということと思われます。

ArtistShareのメールでは、「ジム・ホールがグラミー賞を受賞したことがないなんて信じられない!なのでTwitterで広めてみんな応援してね!」とのことです。

以下引用転載。

Dear XXX,
We are excited to announce that Jim Hall's previously unreleased "Valse Hot - Live at Sweet Basil 1978" with Red Mitchell has been submitted for nomination consideration in this year's Grammy® Awards.

Thank you all for your continued support of the Remembering Jim Hall Project and for taking part in this creative journey. We express our deepest gratitude for your role in bringing this recording to life. We are thrilled with the final product, and consider Valse Hot one of the greatest jazz guitar records of all time.

Incredibly, Jim has never won a Grammy. Help Jim receive his well-deserved award by spreading the word, and let's hope for a nomination!

1. Twitter - Like and Retweet: http://www.artistshare.com/news/?pt=4855

2. SoundCloud - Like and Share: http://www.artistshare.com/news/?pt=4856

If Valse Hot receives a nomination, it would not only be a celebration of Jim Hall and Red Mitchell's artistry, but also a celebration of all of you who have become a part this Project.

Thank you again!

All best,
The ArtistShare® Team



ジム・ホール動画 Sonny Rollins: Beyond The Notes [Amazonビデオ]


2010年9月10日にニューヨークのビーコン・シアターで催されたテナー・サックス奏者、ソニー・ロリンズの(1930年9月7日生)の80歳の誕生祝コンサートのドキュメント映像「Sonny Rollins: Beyond The Notes」をAmazonビデオで見られるようになっています。ジム・ホールも登場。
Amazonプライム会員なら無料です。とっくに出てたみたいですが最近知った。
コンサートの音源は一部がCDになっています。内部リンク Sonny Rollins : Road Shows Vol.2 [CD](2010年)
CDに未収録のジム登場時の演奏が撮影されており大変貴重な映像。

Sonny Rollins: Beyond The Notesはイギリス放送局BBC FourのBBC Arenaシリーズというドキュメント番組の1つで、2011年放送。当初の放送題名は「Sonny Rollins: This is Who I Am」らしく、現地では何度か再放送した模様です。
 参照 BBC Four - Arena, Sonny Rollins: Beyond the Notes
なお、1967年に同じフィルム製作会社Dick Fontaineがロリンズのドキュメント映像Who Is Sonny Rollins?を製作しており、その映像を交えながらの構成となっています。

さてジム・ホール御大は40分ごろにロリンズの呼び込みで登場。
曲はIf Ever I Would Leave You -Frederick Loewe。
ジム・ホールが参加したロリンズのアルバムSonny Rollins : What's New ? (1962年)[CD]でも演奏している曲です。
ロリンズの入りがIn a sentimental mood のフレーズみたいなのは気のせいでしょうか。
ジム・ホール様がにっこにこで演奏しているのが印象的。
ジムのインタビューもあり非常に元気なお姿で素晴らしい記録映像。
映像の最後、コンサートの締めのSt. Thomasでジム再び登場。

ジム・ホールのギターはSadowskyのジム・ホールモデルだと思います。
もう一人のギタリストRussel MaloneもSadowskyのギターでLS-17というモデル。
アンプは二人ともRolandのJC-120を使っています。
ジムがJCとは!会場の設備だと思いますが意外。

広告

デル株式会社

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
おうちのダキスト Jazz Line

タグ(サブカテゴリ)