FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jim Hall Touch Of Your Lips ジムホール [YouTube動画]

ジム・ホール(ギター)のライブ映像。スティーブ・スワロウ(Steve Swallow)がベース、ボビー・モセス(Bobby Moses)がドラムのトリオ編成。ソースの詳細は不明。メンバーや他の映像との比較からの推察であるが、1967年11月5日のドイツ・ベルリンで開催されたBerlin Festival Guitar Work Shopの映像と思われる。この曲の音源はCD化されていないと思われるが、イベントを録音した音源はCD化されており、ジム・ホールが演奏した他の曲が収録されている。また、同イベントでのほかの映像で、ジム・ホールとバーニー・ケッセルのデュオ映像もある。関連情報については下記リンク先参照。

内部リンク:Berlin Festival Guitar Work Shop (1967年)[CD]{ライブ録音}
内部リンク:JimHall & BarneyKessel You Stepped Out Of A Dream [YouTube動画]

Jim Hall : Magic Meeting (2004年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall : Magic Meeting

オススメ度

★★★★☆

所感

ひさびさのトリオ。そしてライブ。ノリはglandslamっぽい。ドラムの影響かね。全体的に録音がカラっとしてドライなかんじ。1曲目からいきなり渋いところからはじまるぜーっ!てことでジムおやじファン中級者以上向けな印象も若干あり。Furnished Flatsあたりからわかりやすくなるんだけど。っつても生き神様の素敵アグレッシブな曲をほうらきいてごらん、すばらしい曲だろう!と桃色に頬をそめて悦楽の表情で隣人にすすめてみてもぽかーんとされるだけですので危険ですやめましょう。そんなジムおじさんが大好きです。

このアルバムからジム・ホールは従来のダキスト製ギターから新ギターのサドウスキー製ジム・ホール・シグネイチャー・モデルに替えて演奏している。人前で初使用したのは1月のライブらしいが、CDになってるのはこれが初かと思う。

詳細

アルバムタイトル(原題)
MAGIC MEETING
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2004/4/30
発売元,レーベル
artistShare
所有盤
輸入CD
販売元
artistShare http://www.artistshare.com/
CD発売日
2004/9
規格品番
AS0002
UPC
N/A *参考:インストアコード 0616892684329
定価
*参考価格 HMV(日本) 3,298円

曲目

  1. Bent Blue
    作曲
    Jim Hall
  2. Blackwell's Message
    作曲
    Joe Lovano
  3. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael
  4. Canto Neruda
    作曲
    Jim Hall
  5. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  6. Body And Soul
    作曲
    Edward Heyman; Frank Eyton; Johnny Green; Robert Sour
  7. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Lewis Nash
drums

Jim Hall Trio : Jim Hall’s Three (1986年)[CD]

Jimhttp://blog-imgs-1.fc2.com/image/icon_main/wysiwyg.gif Hall's Three

オススメ度

★★★☆☆

所感

1曲買い。ってのはいいすぎだが#5.All the Things You Areの白熱のプレイが素晴らしすぎる。この1曲だけなら星5つ。All the Things You Areはジム・ホールの妻ジェーンが好きな曲だからなのか、ジムが演奏する機会が多い曲の1つで、3拍子だったり4拍子だったりたびたびアレンジが変わる。これは4拍子でちょっと早めのテンポで、激しいドラムもあいまって適度な緊張感があり、実にかっこいい演奏となっている。80年代のベスト・テイクの1つと断言してもいいだろう。

しかしアルバム収録曲が7曲のみというのがちょっとさみしいかなーってことと、ほかの曲のインパクトがちょっと少ないかなってことで星3つ。#4.And Idoなんかもドラマチックな展開でいいと思うんだけど、尺なのか曲数なのかわからんが全体を通すとちょっと物足りなさが残る1枚。ギターはダキストのギターを使用しており、多くのファンが「ジム・ホールらしい」と感じられるもっとも標準的な素の音かと思う。また、楽曲のアレンジもわりと普通目なので、初めて聴く人にも安心かもしれない。

#3.BottleNose Bluse(「イルカのブルース」と訳されている)は12弦ギター1本で弾いたギター・ソロ曲。この1曲がまたへんなリズムで、このころはまだあまり見られなかったジム・ホールの変態嗜好(笑)がちらっと垣間見られる。90年代にTelarcレーベルでリリースしだしたころからヘンテコ曲が増えたと思うのだが、その予兆がここで現れていると思う。#6.Poor Butterflyもギター・ソロだが、これはダキストのアーチトップギター1本での演奏となっている。

ジャケットにはジム・ホール自身のコメントがあり、#6.Poor Butterflyと#5.All the Things You Areについて次のように記述している

Poor Butterfly is the favorite song of my friend and personal guita-maker,Jim D'Aquisto(プア・バタフライは友人でありギター職人のダキストのお気に入りの歌だ)
All the Things You Are is dedicated to my wife Jane(オール・ザ・シングス・ユー・アーは妻のジェーンに捧ぐ)

アルバムにはこれまでジムとはあまりなじみのない新メンバーが参加しており、当時御歳55歳でありながらまだまだ新しいことに挑戦しようという心意気が感じられる。ベースにスティーブ・ラスピナが初参加。彼の独特の粘るような音質で、ジムに負けず劣らず歌うようにメロディ奏でるウッドベースのソロ部がふんだんに盛り込まれているのが特徴。スティーブ・ラスピナはこの後90年代にかけてジム・ホールのアルバムやライブをたびたびサポートし、ジム・ホールの活動に大きく貢献することになるキーマンだ。ドラムのアキラ・タナは日系三世のアメリカ人ジャズ・ドラマー。このアルバムで初めて知った人だが、アート・ファーマーのアルバムなどに参加してるベテランのようだ。ちょっとロックっぽい激しいビートと硬めの音のスネアが印象的で、今までのジム・ホールのアルバムでは無かったような新たな魅力を添えている。

外部リンク:Akira Tana(Official)
外部リンク:Steve LaSpina

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall's Three
アルバム名義
Jim Hall Trio
アルバムタイトル(邦題)
スリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1986/1
発売元,レーベル
Concord Jazz,Inc.
所有盤
国内版CD
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
1986/8/21
規格品番
K32Y 6099(CCD-4298)
JAN
4988003007188
定価
3,200円

曲目

  1. Hide and Seek
    作曲
    Jim Hall
  2. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael,Johnny Mercer
  3. Bottlenose Blues
    作曲
    Jim Hall
  4. And I Do
    作曲
    Jim Hall
  5. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  6. Poor Butterfly
    作曲
    John Golden,Raymond Hubbell
  7. Three
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Steve LaSpina
bass
Akira Tana
drums

Jimmy Giuffre : The Jimmy Giuffre 3 (1956年)(1957年)[CD]

Jimmy Giuffre : The Jimmy Giuffre 3

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ジミー・ジュフリーのサックス、ジム・ホールのギター、ベースによるドラム無しトリオ。このトリオのベースはこの後6人くらい交代してるので入れ替わりが激しいな。それだけやってくのが大変だったんだろうか。曲はふつーにスイングジャズが多いのだが、代表的なリズム楽器(ドラム)も和音楽器(ピアノ)もなくギターがリズムもコードも生成しなければならず、大変苦労したらしい。後年のインタビューで「この時期に一気に髪が薄くなった(-ジム・ホール)」と冗談交じりで述懐している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Jimmy Giuffre 3
アルバム名義
Jimmy Giuffre
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1956/12/3:#3,7,1956/12/4:#2,4,6,8,1956/12/24:#1,5,9,1957/12/2:#10,11
発売元,レーベル
Atlantic Jazz
所有盤
輸入CD
発売元
Atlantic Recording Corporation,
CD発売日
1988
規格品番
7 909812-2
UPC
075679098122
定価
-

曲目

  1. Gotta Dance
  2. 作曲
    Jimmy Giuffre
  3. Two Kinds of Blues
  4. 作曲
    Jimmy Giuffre
  5. The Song Is You
  6. 作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  7. Crazy She Calls Me
  8. 作曲
    Bob Russell,Carl Sigman
  9. Voodoo
  10. 作曲
    Jimmy Giuffre
  11. My All
  12. 作曲
    Bob Russell,Jimmy Giuffre
  13. That's the Way It Is
  14. 作曲
    Jimmy Giuffre
  15. Crawdad Suite
  16. 作曲
    Jimmy Giuffre
  17. The Train and the River
  18. 作曲
    Jimmy Giuffre
  19. The Green Country (New England Mood) [bonus track]
  20. 作曲
    Jimmy Giuffre
  21. Forty-Second Street [bonus track]
  22. 作曲
    Al Dubin,Harry Warren

演奏者

Jimmy Giuffre
tenor saxophone(and,cl/ts/bars)


Jim Hall
Guitar

Ralph Pena
bass (on tracks from 1 to 9)
Jim Atlas
Bass (on tracks 10,11)

Jim Hall : Jazz Guitar (1957年)[CD]

Jim Hall :JazzGuitar

オススメ度

★★★☆☆

所感

(2011/5/15追記)初々しい。記念すべきジム・ホールの初リーダー作!・・・ですが、「普通」な印象でこざっぱりしてます。曲もオリジナルは無く、スタンダード・ナンバーをギター、ベース、ピアノのドラム無しのトリオでセッションしています。技術的には洗練されていますが、まだこの頃は、その後のジムの大きな特徴となる独特な和音やフレーズは出現していません。しかし、今でも表現されている「みずみずしさ」の部分はこのころから変わっていないことがうかがえます。音楽的にいつまでも若さをたもっていることを再認識。後年、1989年のアルバム「Something Special」がまったく楽器編成のトリオで制作されており、対照比較してみるのも面白い。LPでは#2と#3の間に「This Is Always」(Warren-Gordon)というトラックがあったようですがCDには収録されていません。
(追記) このCDはオリジナル音源からピアノ、ベースソロなどをカットした短い音源のCDです。2006年に完全版の「The Complete "Jazz Guitar"」発売。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jazz Guitar
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ジャズ・ギター
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1957/1/10,24
発売元
Pacific Jazz Records (Pacific Jazz Enterprise,Inc)
所有盤
国内版CD
国内CD発売元
東芝EMI株式会社
国内CD発売日
2001/8/29
規格品番
TOCJ-9318
JAN
4988006794771
定価
2,500円(税込)

曲目

  1. Stomping At The Savoy
    作曲
    Andy Razaf,Benny Goodman,Chick Webb,Edgar Sampson
  2. Things Ain't What They Used to Be
    作曲
    Mercer Ellington,Ted Persons
  3. Thanks for the Memory
    作曲
    Leo Robin,Ralph Rainger
  4. Tangerine
    作曲
    Victor Schertzinger,Johnny Mercer
  5. Stella By Starlight
    作曲
    Johnny Mercer,Victor Schertzinger
  6. 9:20 Special
    作曲
    Ned Washington,Victor Young
  7. Deep In A Dream
    作曲
    Earle Warren,William Engvick
  8. Look for the Silver Lining
    作曲
    Buddy DeSylva,Jerome Kern
  9. Seven Come Eleven
    作曲
    Benny Goodman,Charlie Christian
  10. Too Close For Comfort [BonusTrack]
    作曲
    Jerry Bock,Larry Holofcener,George David Weiss

演奏者

Jim Hall
guitar
Carl Perkins
piano
Red Mitchell
bass

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。