FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Third Stream Music : The Modern Jazz Quartet (1960年)[CD]

Third Stream Music

オススメ度

★★☆☆☆

所感

モダンジャズカルテット(MJQ)がゲストを迎えた形でのアルバム。ジム・ホールは#1と#2のメドレー形式での楽曲に参加しており、この2曲の収録は1956年8月26日である。しかしレコードのリリースは1960年のため、このサイトのカテゴリーは1960年代にしました。てことでジム・ホールが最初にプロとして活動したチコ・ハミルトン楽団の元を離れてジミー・ジュフリーと活動しだした頃の音源でございます。出番少な目でアルバム全体もちょっと通好みというか前衛傾向なじっとり変態嗜好が入ってるのでジム度としては星2つ。
実質、ジムおじさんが一人でゲストってことではなくジミー・ジュフリー・トリオとして参加したと思われる。
肝心の曲は#1、#2とも比較的おとなしめの曲で、特に#2は作曲がジミー・ジュフリーってことでいつもの彼の曲の感じ。ジムのギタープレイもおとなしめなので、ほんとマニア、コレクター向けでございます。あとの曲はバイオリンとかの弦楽器が入るのだが、弦楽器といってもイージーリスニング的白玉演奏はなく、前衛的な変態旋律が多めになっとります。ミルト・ジャクソンのビブラフォンの心地よさがまだ救いか。単位のジャズアルバムとしてもとにかく渋すぎ上級者向けの1枚かと。

詳細

アルバムタイトル
Third Stream Music
アーティスト表記
The Modern Jazz Quartet And Guests
収録年
#1 and #2:1956/8/26,#3:1960/1/15,#4 and #5:1959/9/23
オリジナルLPの発売元レーベル,カタログナンバー
Atlantic Records,LP 1345(参考リンク -http://ja.jazzdisco.org/milt-jackson/catalog/#atlantic-lp-1345)
所有盤
輸入CD
CD発売元
Wounded Bird Records
CD発売日
1993/8/13
規格品番
WOU 1345
EAN
664140134522
定価
N/A

曲目

  1. Da Capo
    作曲
    John Lewis
  2. Fine
    作曲
    Jimmy Giuffre
  3. Exposur
    作曲
    John Lewis
  4. Sketch
    作曲
    John Lewis
  5. Conversation
    作曲
    Gunther Schuller

演奏者:The Modern Quartet

Milt Jackson
vibes
John Lewis
piano
Percy Heath
base
Connie Kay
drums

演奏者:Guests,tracks #1,#2

Jimmy Giuffre
clarinet,tennor sax
Joim Hall
guitar
Ralph Pena
base

演奏者:Guests,tracks #3

Bill McColl
clarinet
Bob Di Domenica
flute
Manny Zegler
bassoon
Paul Ingraham
french horn
Joe Tekla
cello
Betty Glamann
harp

演奏者:Guests,tracks #4,#5

Gerald Tarack
1st violin
Alan Martin
2nd violin
Carl Eberl
viola
Joe Tekla
cello

Jazz On A Summer's Day : 真夏の夜のジャズ (1959年)[DVD]

Jazz On A Summer's Day

オススメ度

★☆☆☆☆

所感

1958年の第5回 ニューポート・ジャズ・フェスティバルの記録映画(制作は1959年)。たくさん突っ込みどころがある映像だが、とりあえずタイトルから突っ込む。「真夏の夜のジャズ」と題名がついているが昼間の野外イベントでございますッ。特に前半は演奏の途中で意味不明な海のカットや町の様子、踊りまくる観客が映っており、ライブ 映像して鑑賞するには困難。当時のアメリカの様子を知るための、資料的な価値はあるのかもしれないが、それにしても観ていておちつかない謎の編集。セロニアス・モンクなんて演奏の半分は海の映像(涙。

肝心なジム・ホールは最初のジミー・ジュフリー・スリー(トリオ編成)で演奏してるのみ。しかも姿は、演奏が終わったあとに立ち上がったとき、一瞬頭が映って いるのみ。うあーん!トリオのもう一人はボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)です。貴重といえば貴重ですが、ジム・ホール目当てで本作品を購入するとがっかりすること間違いなし。ジム・ホールが1955年にバンド参加していたChicoHamiltonQuintetも出演しているがここでは他のギタリスト(誰?) が加入している。 でもまぁGerryMulliganQuartetではArt Farmerがいたりしてアツイ演奏をしてるのが見れて自分的にはよしとするか・・・。

詳細

DVDタイトル(原題)
Jazz On A Summer's Day
DVD名義
N/A
DVDタイトル(邦題)
真夏の夜のジャズ
DVDアーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1958/7/3,4,5,6
発売元,レーベル
日本ヘラルド映画株式会社
所有盤
国内DVD
販売元
株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日
1999/4
規格品番
SHD-19198
JAN
4988132554386
定価
4,700円(税抜)

曲目

  1. Train & The River
    出演: Jimmy Guiffre(Brookmeyer,Jim Hall)
  2. Monk Blue
    出演:Theronious Monk Trio
  3. Blue
    出演:Sonny Stitt &Sal Salvador *ジム・ホールは1960年にSonny Stittのアルバムに参加実績あり
  4. Sweet Georgia Brown
    出演:Anita O'day
  5. Tea For Two
    出演:Anita O'day
  6. Rondo
    出演:Geroge Shearing Quintet *ジム・ホールは1981年にGeroge Shearingとデュオのアルバムを制作している
  7. All Of Me
    出演:Dinah Washington
  8. As Catch Can
    出演:Gerry Mulligan Qualtet  *カルテットには1960年代にジム・ホールと活動したアート・ファーマーもいる。ジム・ホールは1963年にGerry Mulliganのアルバムに参加実績あり
  9. I Ain't Mad At You
    出演:Big Maybelle Smith
  10. Sweet Little Sixteen
    出演:Chuck Berry
  11. Blue Sands
    出演:ChicoHamiltonQuintet *ジム・ホールは1955年にChicoHamiltonのバンドにいて、アルバムにも参加実績あり
  12. Lazy River
    出演:Luis Armstrong
  13. Tigar Rag
    出演:Luis Armstrong,Jack Teagarden
  14. Rockn' Chair
    出演:Luis Armstrong
  15. When The Sainmts Go Marchin' In
    出演:Luis Armstrong
  16. Shout All Over
    出演:Mahalia Jackson
  17. Didn't It Rain
    出演:Mahalia Jackson
  18. Load's Prayer
    出演:Mahalia Jackson

Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet (1956年~1960年)

Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet

オススメ度

★★☆☆☆

所感

このシンプルさがええね。複数のアルバムから寄せ集めたコンピレーションCD。ドラムがいなく、基本はジミー・ジュフリー(クラリネット、テナーサックス)、ジム・ホール(ギター)とベースという地味ーなトリオでよくもまぁこれだけやってたもんだと。ベースはかなり頻繁に入れ替わってる。ジム・ホールがよく弾く曲の「Careful」のおそらく初出となる音源も収録されている。ジミー・ジュフリーのトリオはベースのかわりにボブ・ブルックマイヤー(Bob Brookmeyer、トロンボーン)がいた時期もあったのだが、トロンボーンがいる音源が収録されていないのが残念。実にマニア向けなので星2つ。

追記:14,Four Brothersのライブ音源はジミー・ジュフリーの正式なアルバムには未収録らしい為、この1曲だけにこのコンピレーションの価値があるかもしれません。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet
アルバム名義
Jimmy Giuffre
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1956-1960
発売元
Sarabandas srl
所有盤
輸入CD
CD発売日
1995
規格品番
CD53252
EAN
8004883532520
定価
-

曲目

  1. The Song Is You
  2. 作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Gotta Dance
  4. 作曲
    Jimmy Giuffre
  5. The Train And The River
  6. 作曲
    Jimmy Giuffre
  7. Two Kinds Of Blues
  8. 作曲
    Jimmy Giuffre
  9. Voodoo
  10. 作曲
    Jimmy Giuffre
  11. Crazy She Calls Me
  12. 作曲
    Carl Sigman,Bob Russell
  13. That's the Way It Is
  14. 作曲
    Jimmy Giuffre
  15. My All
  16. 作曲
    Jimmy Giuffre
  17. Crawded Suite
  18. 作曲
    Jimmy Giuffre
  19. The Green Country (New England Mood) [bonus track]
  20. 作曲
    Jimmy Giuffre
  21. The Little Melody
  22. 作曲
    Jimmy Giuffre
  23. Careful
  24. 作曲
    Jim hall
  25. The Crab
  26. 作曲
    Jimmy Giuffre
  27. Four Brothers
  28. 作曲
    Jimmy Giuffre

演奏者#1-9 アルバム「The Jimmy Giuffre 3」1957年(録音1956年12月;1957年12月-#10)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone(and,cl/ts/bars)
Jim Hall
guitar
Ralph Pena
bass

演奏者#10.The Green Country (New England Mood) アルバム「Trav'lin' Light」1958年,Atrantic(録音1957年12月2日)

Jimmy Giuffre
clarinet
Jim Hall
guitar
Jim Atlas
bass

演奏者#11.The Little Melody アルバム「Seven Pieces」1959年,Verve(録音1959年1月)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Red Mitchell
bass

演奏者#12.Careful アルバム「The Easy Way」1960年,Verve(録音1959年8月6日~7日)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Ray Brown
bass

演奏者#13.The Crab アルバム「Jimmy Giuffre Quartet in Person」1960年,Verve(録音1960年)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Beul Neidlinger
bass
Bill Osborne
drums

演奏者#14.Four Brothers (録音1959年8月)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Buddy Clark
bass

Jimmy Giuffre : The Jimmy Giuffre 3 (1956年)(1957年)[CD]

Jimmy Giuffre : The Jimmy Giuffre 3

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ジミー・ジュフリーのサックス、ジム・ホールのギター、ベースによるドラム無しトリオ。このトリオのベースはこの後6人くらい交代してるので入れ替わりが激しいな。それだけやってくのが大変だったんだろうか。曲はふつーにスイングジャズが多いのだが、代表的なリズム楽器(ドラム)も和音楽器(ピアノ)もなくギターがリズムもコードも生成しなければならず、大変苦労したらしい。後年のインタビューで「この時期に一気に髪が薄くなった(-ジム・ホール)」と冗談交じりで述懐している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Jimmy Giuffre 3
アルバム名義
Jimmy Giuffre
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1956/12/3:#3,7,1956/12/4:#2,4,6,8,1956/12/24:#1,5,9,1957/12/2:#10,11
発売元,レーベル
Atlantic Jazz
所有盤
輸入CD
発売元
Atlantic Recording Corporation,
CD発売日
1988
規格品番
7 909812-2
UPC
075679098122
定価
-

曲目

  1. Gotta Dance
  2. 作曲
    Jimmy Giuffre
  3. Two Kinds of Blues
  4. 作曲
    Jimmy Giuffre
  5. The Song Is You
  6. 作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  7. Crazy She Calls Me
  8. 作曲
    Bob Russell,Carl Sigman
  9. Voodoo
  10. 作曲
    Jimmy Giuffre
  11. My All
  12. 作曲
    Bob Russell,Jimmy Giuffre
  13. That's the Way It Is
  14. 作曲
    Jimmy Giuffre
  15. Crawdad Suite
  16. 作曲
    Jimmy Giuffre
  17. The Train and the River
  18. 作曲
    Jimmy Giuffre
  19. The Green Country (New England Mood) [bonus track]
  20. 作曲
    Jimmy Giuffre
  21. Forty-Second Street [bonus track]
  22. 作曲
    Al Dubin,Harry Warren

演奏者

Jimmy Giuffre
tenor saxophone(and,cl/ts/bars)


Jim Hall
Guitar

Ralph Pena
bass (on tracks from 1 to 9)
Jim Atlas
Bass (on tracks 10,11)

Jimmy Giuffre : The Train And The River [Youtube動画]

(追記あり)
ジム・ホール最古の映像でしょうか? テナーサックス奏者Jimmy Giuffre(ジミー・ジュフリー)の映像で、曲はThe Train And The River。Jimmy GiuffreのアルバムTHE JIMMY GIUFFRE 3(1957年、レーベルはAtlantic Jazz)に収録された曲。てことで時期から推察すると、1956年ごろの映像と思われます。若いー!しかしすでに禿頭。素敵。


追記。上記映像は1957年米国CBSテレビのドキュメント番組The Sound of Jazzの一部のようです。下記が完全版。42分ごろからジミー・ジュフリー、ジム・ホールの出演。


プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。