FC2ブログ

Buddy Collette And His Swinging Shepherds (1958-1959年)[CD]

Buddy Collette And His Swinging Shepherds

オススメ度

★★★☆☆

所感


下記がAt the Cinema!
のカバーアート
Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!

フルート、サックス奏者、バディ・コレットのグループ「Buddy Collette And His Swinging Shepherds」の2枚のアルバムを1つにしたコンピレーションCD。
トラック#1-#9はアルバムBuddy Collette's Swinging Shepherds( Mercury Records SR 80005,1958年)、トラック#2-#20はアルバムBuddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!(Mercury Records MG 20447 SR 60132,1959年)からの収録。
ジム・ホールは後者のAt The Cinema!に参加しています。
このCDは2010年に発売されたものですが、At The Cinema!の音源自体はその前の2004年に発売されていた、ジム・ホール名義のコンピレーションCD「Jim Hall Featuring Buddy Collette The Unreleased Sessions」に既に収録されていたのでしたー。
なお、CDのカバーアートはBuddy Collette's Swinging Shepherdsのもの。At The Cinema!のカバーアートはこのページの左記のもの。

At The Cinema!の内容は以前のThe Unreleased Sessionsの内容を転記。
「"~At The Cinema!"の楽曲はフルートが4人もいる編成となっており、お上品な室内楽曲。爽やかで洗練された曲・演奏が多く、全体的にアドリブよりも作りこまれた編曲を楽しむ内容だ。ちなみにベースはレッド・ミッチェル。ジム・ホールのギターもまぁまぁある。アドリブソロというよりきちんとしたメロを他の楽器とユニゾンしたり、という演奏が多い。」星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Buddy Collette And His Swinging Shepherds
アルバム名義(英語表記)
Buddy Collette And His Swinging Shepherds
収録年
#1-9 1958/3/5,7 LA; #10-20 1959/1/10 LA
オリジナルレコード レーベル
#1-9 Mercury Records SR 80005 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds"
#10-20 Mercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"
所有盤
輸入CD
CD発売元
Fresh Sound Records
CD発売日
2010/11/10
規格品番
FSR 2258
EAN
8427328622585
定価
N/A

曲目

  1. The Funky Shepherds
    作曲
    Bud Shank
  2. Tasty Dish
    作曲
    Buddy Collette
  3. Improvisation (Unaccompanied)
    作曲
    Rugolo-Shank-Horn-Klee-Collette
  4. The Four Winds Blow
    作曲
    Paul Horn
  5. Pony Tale
    作曲
    Paul Horn
  6. Machito
    作曲
    Pete Rugolo
  7. Short Story
    作曲
    Buddy Collette
  8. Flute Diet
    作曲
    Buddy Collette
  9. Improvisation (With Conga)
    作曲
    Rugolo-Shank-Horn-Klee-Collette
  10. The Shrike
    作曲
    Pete Rugolo
  11. Laura
    作曲
    David Raksin
  12. Smile
    作曲
    Charlie Chaplin
  13. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  14. I Can't Believe That You're In Love With Me
    作曲
    Clarence Gaskill/Jimmy McHugh
  15. Intermezzo
    作曲
    Heinz Provost/Robert Henning
  16. The Bad And The Beautiful
    作曲
    David Raksin
  17. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  18. Ruby
    作曲
    Heinz Roemheld/Mitchell Parish
  19. The Trolley Song
    作曲
    H. Martin/Ralph Blane
  20. Colonel Bogey & River Kwai March
    作曲
    K.J. Aldford

演奏者:#1-9

Buddy Collette
flute,alto flute,piccolo
Bud Shank
flute,alto flute,piccolo
Paul Horn
flute,alto flute,piccolo
Hayy Klee
flute,alto flute,bass flute
Bill Miller
piano
Joe Comfort
bass
Bill Richmond
drums & conga

演奏者:#11-20

Buddy Collette
C-flute,alto flute
Bud Shank
E-flute
Paul Horn
flute
Hayy Klee
alto flute,bass flute
Jim Hall
guitar
Bill Miller
piano
John T. Williams
piano
Red Mitchell
bass
Shelly Manne
drums
Earl Palmer
drums

スポンサーサイト

Quincy Jones : Golden Boy (1964年)[CD]

Quincy Jones Golden Boy

オススメ度

★★★☆☆

所感

クインシー・ジョーンズによるビッグバンド編成のアルバム。1964年のブロードウェイミュージカルGolden Boyのテーマ曲を異なる編曲で3トラック収録。そのほか、当時の流行曲、サイドワインダー、ビートルズのHard Day's Night、ジョン・ルイスの鉄板曲ジャンゴ、などをビッグバンドアレンジして収録。
全体的に洗練された、聞きやすいイージーリスニング風といえばよいのか、サントラ風といえばよいのか、しっかりとまとまったビッグバンドジャズアルバム。

ジム・ホールはクインシー・ジョーンズのオリジナル曲#2.The Witching Hour 、ジョン・ルイスのカバー#5.Djangoでギターのソロパートを演奏しており、はっきりと目立って聴こえる。ギターソロはそれほど長いものではないが、ギターの音色や歌いまわしは、確かに1964年のジム・ホールであるなと得心する素敵な演奏でございます。

いつもながら全体は悪くないけど、ジム・ホール度は星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
GoldenBoy
アルバム名義(英語表記)
Quincy Jones And His Orchestra
収録年
1964/9/15
オリジナルレコード レーベル
Mercury Records (MG 20938)
所有盤
国内CD
CD発売元
ユニバーサルミュージック
CD販売元
ユニバーサルミュージック
CD発売日
2003/03/26
規格品番
UCCM-9153
JAN
4988005328618
定価
1,835円税込

曲目

  1. Theme from Golden Boy [String Version]
    作曲
    Charles Strouse, Lee Adams
  2. The Witching Hour
    作曲
    Quincy Jones
  3. Seaweed
    作曲
    Quincy Jones
  4. Golden Boy
    作曲
    Charles Strouse, Lee Adams
  5. Django
    作曲
    John Lewis
  6. Soul Serenade
    作曲
    Curtis Ousley, Luther Dixon
  7. Theme From Golden Boy [Big Band Version]
    作曲
    Charles Strouse, Lee Adams
  8. Hard Day's Night
    作曲
    John Lennon, Paul McCartney
  9. The Sidewinder
    作曲
    Lee Morgan
  10. The Midnight Sun Will Never Set
    作曲
    Jones, Henri Salvador, Dorcas Cochran

演奏者 (wikipedia 引用、、、)

Quincy Jones
arranger, conductor
Freddie Hubbard, Joe Newman, Johnny Foske, Dick Hurwitz
trumpet
Al Grey, Billy Byers, Paul Faulise, Quentin Jackson, Bill Watrous
trombone
James Buffington, Morris Secon
French horn
Jerome Richardson
flute, soprano saxophone, alto saxophone, tenor saxophone
Phil Woods
alto saxophone
Frank Foster
tenor saxophone, flute
Eddie "Lockjaw" Davis
tenor saxophone
George Dessinger, Stan Webb
tenor saxophone, clarinet
Billy Slapin
clarinet, flute
Cecil Payne
baritone saxophone
Jim Hall
guitar
Margaret Ros
harp
Bobby Scott
piano
Don Elliott
vibraphone, marimba, vocals
Art Davis, Bob Cranshaw, Milt Hinton
bass
Ed Shaughnessy, Grady Tate
drums

Gerry Mulligan :Complete Studio Recordings (1963年)[mp3]

Gerry Mulligan :Complete Studio Recording  

オススメ度

★★★☆☆

所感

バリトン・サックス奏者のジェリー・マリガンのアルバム「Night Lights(1963年)」の全6曲と「Butterfly With Hiccups(1964年)」の全8曲の2枚をあわせ、さらにボーナストラックで「Feelin' Good(1965年)」から1曲を収録した全15トラックのたコンピレーション。ジャケットイラストはButterfly With Hiccupsのもので、文字の部分を加工したデザインとなっている。
Night Litghtsについてはリンク先の通り。
Butterfly With Hiccupsは、Night Litghtsの一部のレコーディング時のバンドメンバーと収録したほかの楽曲を収録したもの。Night Litghtsはカバー曲が多く、短調のミディアムからスローな曲を中心としたストイックな内容だが、Butterfly With Hiccupsはジェリー・マリガンのオリジナルのジャズが多く、長調でテンポがはやく明るく元気な曲が多い。演奏メンバーはジムの友人であり共演したこともあるアート・ファーマー(フリューゲルホーン)、ボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)などで、基本はブラス隊のテーマ演奏+ソロ回しといった内容。ジェリー・マリガンは曲によってはサックスではなくピアノを弾いている。
ジム・ホールはButterfly With Hiccupsのトラックでは4曲の参加(Butterfly With Hiccups、Old Devil Moon、The Ant Hill、Crazy Day)。ギターは参加している曲が少ないながらも利き所があり、かっちり分かれた左チャンネルから流麗なソロとバッキングを聴けて満足。まーふつーに楽しめるってことで星3つ。
なお、本作品はButterfly With Hiccupsの単品CDがどうしても見つからず、mp3販売で入手。はじめてmp3のダウンロード購入ってのをしたよ。時代よのう。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Sextet - Complete Studio Recordings
アルバム名義
Gerry Mulligan
収録年
1963/10/3,1963/10/11 1964/9/25 ,1965/10/20,21,22
オリジナルレコードレーベル,カタログナンバー
Limelight Records(Mercury Records,Inc.) LS 86004
所有盤
mp3
CD販売レーベル
LONEHILLJAZZ
発売日
2005/5/28
規格品番
LHJ10222
EAN
8436019582220
定価
1,500円(mp3)

曲目

  1. Butterfly With Hiccups [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  2. Old Devil Moon [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Harburg - DeSylva - Brown
  3. The Ant Hill [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  4. Crazy Day [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  5. Night Lights [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  6. Manha De Carnaval (Black Orpheus) [from Night Lights]
    作曲
    Antônio Maria,F. Llenas,Luiz Bonfá
  7. Wee Sma[from Night Lights]ll Hours
    作曲
    Bob Hilliard,David Mann
  8. Prelude In E Minor [from Night Lights]
    作曲
    Fryderyk Chopin,arr.Gerry Mulligan
  9. Festive Minor [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  10. Tell Me When [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  11. You'd Be So Nice To Come Home To [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Cole Porter
  12. Theme For Jobim [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    J. Hicks
  13. Blues For Lynda [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  14. Line For Lyons [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  15. The Lonely Nights (Night Lights) [from Feelin' Good]
    作曲
    Gerry Mulligan

演奏者

Gerry Mulligan
baritone saxophone,piano(on track 5),clarinet (on track 15)
Art Farmer
trumpet,fluegelhorn (3,4)
Bob Brookmeyer
tromborne (except track 15)
Jim Hall
guitar (except track 15)
Bill Crow
bass (except track 15)
Dave Baily
drums (except track 15)

The Unreleased Sessions : Buddy Collete (1956-1959年)[CD]

Jim Hall Buddy Collete unreleased sessions

オススメ度

★★★☆☆

所感

「Jim Hall Featuring Buddy Collette」とジム・ホール名義で表示しているが、元の音源はフルート、サックス奏者のバディ・コレット関連のレコード3枚をCD1枚に収録したもので、ジム・ホールはサイドマンとして参加している。1950年代のジム・ホールのレア音源ってな位置づけですな。
#1-11のオリジナルレコードはMercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"から全曲収録。#12~15はDIG Records J-101 "MODERN AFRO - AMERICAN JAZZ Tanganyika"からで、これは単体で1993年にCD化されており、10曲中4曲をボーナストラックとして収録。#16-23はInterlude 505 "Buddy Collette and the Poll Winners Porgy and Bess" から全曲収録。
"~At The Cinema!"の楽曲はフルートが4人もいる編成となっており、お上品な室内楽曲。爽やかで洗練された曲・演奏が多く、全体的にアドリブよりも作りこまれた編曲を楽しむ内容だ。ちなみにベースはレッド・ミッチェル。ジム・ホールのギターもまぁまぁある。アドリブソロというよりきちんとしたメロを他の楽器とユニゾンしたり、という演奏が多い。
”Tanganyika”は意外とジムおじさん活躍で目立っている作品で、単品を入手できるならちょっとオススメかも。
"Porgy and Bess"はミュージカル「ポギーとべス」からガーシュウィンの曲をアレンジ・カバーしたもの。わりとジム・ホールも目立っており、ジムの音色も楽しめる。あと50年代のジャズとしては珍しく?オルガンが入ってるのが特長。しかし元のレコード音源が悪いのか、かなりノイズが鳴っており残念!もしこれだけ収録してたらクレームレベルだわ~。まぁいいけど。そういえばRuby Braff with Hank Jones Complete Recordings Featuring Jim Hall (1958年)[CD]もガーシュウィンのカバー集だったな。
ジム度は後半の"Pogy and Bess"がそこそこよかったので星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
The Unreleased Sessions
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall Featuring Buddy Collette
収録年
#1-11 1959/10 LA; #12-15 1956/10/11 Hollywood ; #16-23 1957/6 LA
オリジナルレコード レーベル
#1-11 Mercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"
#12-15 DIG Records J-101 "MODERN AFRO - AMERICAN JAZZ Tanganyika"
#16-23 Interlude 505 "Buddy Collette and the Poll Winners Porgy and Bess"
所有盤
輸入CD
CD発売元
Lone Hill Jazz (Long Horn Inc.)
CD発売日
2004/8/24
規格品番
LHJ10144
EAN
8436019581445
定価
N/A

曲目

  1. Laura
    作曲
    David Raksin
  2. Smile
    作曲
    Charlie Chaplin
  3. The Band And The Beautiful
    作曲
    David Raksin
  4. The Shrike
    作曲
    Pete Rugolo
  5. I Can't Believe That You're In Love With Me
    作曲
    Clarence Gaskill/Jimmy McHugh
  6. The Trolley Song
    作曲
    H. Martin/Ralph Blane
  7. Intermezzo
    作曲
    Heinz Provost/Robert Henning
  8. Ruby
    作曲
    Heinz Roemheld/Mitchell Parish
  9. Invitation
    作曲
    Bronislaw Kaper
  10. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  11. Colonel Bogey & River Kwai March
    作曲
    K.J. Aldford
  12. It's You (bonus track)
    作曲
    Buddy Collette
  13. A Walk On The Veldt (bonus track)
    作曲
    Buddy Collette
  14. Wag nervous (bonus track)
    作曲
    Chico Hamilton/Gerald Wiggins
  15. And So Is Love (bonus track)
    作曲
    John Anderson
  16. Where's My Bess
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  17. My Man's Gone Now
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  18. Summertime
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  19. It Ain't Necessarily So
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  20. I Got Plenty Of Nuttin'
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  21. There's A Boat That's Leavin' For New York
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  22. Bess You Is My Woman
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin
  23. A Woman Is A Sometime Thing
    作曲
    George Gershwin/Ira Gershwin

演奏者:#1-11

Buddy Collette
C-flute,alto flute
Bud Shank
E-flute
Paul Horn
flute
Hayy Klee
alto flute,bass flute
Jim Hall
guitar
Bill Miller
piano (#1,2,6,8,11)
John T. Williams
piano (#3,4,5,7,9,10)
Red Mitchell
bass
Shelly Manne
drums (#1-5)
Earl Palmer
drums (#6-11)

演奏者:#12-15 

Buddy Collette
reeds
John Anderson
trumpet
Gerald Wiggins
piano
Jim Hall
guitar
Curtis Counce
bass
Chico Hamilton
drums

演奏者:#16-23 

Buddy Collette
flute,bass clarinet
Jim Hall
guitar
Gerald Wiggins
organ
Pete Jolly
accordion
Red Callender
bass
Leuis Bellson
drums

Big Band Bossa Nova : Quincy Jones (1962年)[CD]

Quincy Jones Big Band Bossa Nova

オススメ度

★★★★☆

所感

クインシー・ジョーンズによるビッグバンド編成のボサノヴァアルバム。クインシー・ジョーンズ自身はこのこのアルバムでは演奏しておらず、編曲、指揮、プローデューサーとして制作したようです。って、わたくしがいうまでもなく、この作品は1曲目であり、国内版ではアルバムタイトルにもなっている曲「ソウル・ボサノヴァ」は誰もがきいたことがあると思われる超有名曲。恥ずかしながらわたくしなどは最近これをきいてはじめて「あの曲ってコレだったのかーッ」と椅子から落ちた次第。全体的にどこまでも陽気でカラっとしており、ボサってよりはカーニバルのサンバっぽい曲が続く。良く晴れた夏の午後にビールでも飲みながらききたい曲たちですな。音がクリアで非常にさわやかなミックスダウン。これが1962年のサウンドかと思うと当時としてはずいぶんと新進的な音作りだったかと思う。ジョーンズ、おそろしい子・・・!
ジム・ホールおじさまは4トラック(#3.Desafinado、#8.Lalo Bossa Nova 、#9.Serenata、#10.Chega de Saudade)に参加。まずまずの参加率でありながら、ギターソロがわりとあって意外。ジムファン、もとい重度のマニアにはまぁまぁ楽しめる。#9はおとなしめの曲で、アコースティックギターを弾いているが、それ以外はエレキギター。当時だとES-175でしょうか。ちなみにライナーノーツにはギターの録音マイクは 「Electro Voice 666」と、マイクまで表記している。ジムおじさんファン的には星3つくらいかなーと思うが、アルバム全体のパワーに圧倒されて星4つ。夏におすすすめ。

なお、#11はオリジナルレコードには収録されなかった未発表音源。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Big Band Bossa Nova
アルバム名義(英語表記)
Quincy Jones
収録年
#2,4,7 1962/9/4 ; #6,8,9 1962/9/7 ; #3,10 1962/9/8 ; #1,5,11 1962/9/13, A&R Studios, New York
オリジナルレコード レーベル
Mercury Records (MG-20751 Mono,SR 60751 Stereo)
所有盤
輸入CD
CD発売元
PolyGram Rcords,Inc.
CD販売元
Verve Rcords,Inc.
CD発売日
1998
規格品番
314 557 913-2
UPC
731455791327
定価
N/A

曲目

  1. Soul Bossa Nova
    作曲
    Quincy Jones
  2. Boogie Stop Shuffle
    作曲
    Charles Mingus
  3. Desafinado
    作曲
    Newton Ferreira Mendonca/Antônio Carlos Jobim
  4. Manha De Carnaval (Morning Of The Carnival)
    作曲
    Luiz Bonfá/Antonio Maria/Francois Llenas
  5. Se E Tarde Me Perdoa (Forgive Me If I'm Late)
    作曲
    Ronaldo Bôscoli/Carlos Lyra
  6. On The Street Where You Live
    作曲
    Frederick Loewe/Alan Jay Lerner
  7. One Note Samba
    作曲
    Newton Ferreira Mendonca/Antônio Carlos Jobim
  8. Lalo Bossa Nova
    作曲
    Lalo Schifrin
  9. Serenata
    作曲
    Leroy Anderson/Mitchell Parish
  10. Chega De Saudade (No More Blues)
    作曲
    Vinícius De Moraes
  11. A Taste Of Honey (#previousely unissued)
    作曲
    Ric Marlow/Bobby Scott

演奏者:Quincy Jones with largely unknown big bands including trumpets,trombones,and woodwinds(主なビッグバンドのメンバー)

Jerome Richardson
afto flute, flute, woodwind
Lalo Schifrin
piano
Chris White
bass
Rudy Collins
drums
Jack Del Rio,Carlos Gomez,Jose Paula
percussions

Known members of the bands incluede (上記以外の参加トラックが判明しているバンドメンバー詳細)

Rahsaan Roland Kirk (#1)
flute
Paul Gonsalves (#2,4,7)
tenor sax
Clark Terry (at least #2,10)
trumpet,flugelhorn
Jim Hall (#3,probably #8,9,10)
guiutar
Phil Woods (#6,7,8,9)
alto sax
3 unknown (#6,8,9)
frenchhorn
Quincy Jones
arranged,conductor,produced

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)