FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buddy Collette And His Swinging Shepherds (1958-1959年)[CD]

Buddy Collette And His Swinging Shepherds

オススメ度

★★★☆☆

所感


下記がAt the Cinema!
のカバーアート
Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!

フルート、サックス奏者、バディ・コレットのグループ「Buddy Collette And His Swinging Shepherds」の2枚のアルバムを1つにしたコンピレーションCD。
トラック#1-#9はアルバムBuddy Collette's Swinging Shepherds( Mercury Records SR 80005,1958年)、トラック#2-#20はアルバムBuddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!(Mercury Records MG 20447 SR 60132,1959年)からの収録。
ジム・ホールは後者のAt The Cinema!に参加しています。
このCDは2010年に発売されたものですが、At The Cinema!の音源自体はその前の2004年に発売されていた、ジム・ホール名義のコンピレーションCD「Jim Hall Featuring Buddy Collette The Unreleased Sessions」に既に収録されていたのでしたー。
なお、CDのカバーアートはBuddy Collette's Swinging Shepherdsのもの。At The Cinema!のカバーアートはこのページの左記のもの。

At The Cinema!の内容は以前のThe Unreleased Sessionsの内容を転記。
「"~At The Cinema!"の楽曲はフルートが4人もいる編成となっており、お上品な室内楽曲。爽やかで洗練された曲・演奏が多く、全体的にアドリブよりも作りこまれた編曲を楽しむ内容だ。ちなみにベースはレッド・ミッチェル。ジム・ホールのギターもまぁまぁある。アドリブソロというよりきちんとしたメロを他の楽器とユニゾンしたり、という演奏が多い。」星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Buddy Collette And His Swinging Shepherds
アルバム名義(英語表記)
Buddy Collette And His Swinging Shepherds
収録年
#1-9 1958/3/5,7 LA; #10-20 1959/1/10 LA
オリジナルレコード レーベル
#1-9 Mercury Records SR 80005 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds"
#10-20 Mercury Records MG 20447 SR 60132 "Buddy Collette And His Swinging Shepherds At The Cinema!"
所有盤
輸入CD
CD発売元
Fresh Sound Records
CD発売日
2010/11/10
規格品番
FSR 2258
EAN
8427328622585
定価
N/A

曲目

  1. The Funky Shepherds
    作曲
    Bud Shank
  2. Tasty Dish
    作曲
    Buddy Collette
  3. Improvisation (Unaccompanied)
    作曲
    Rugolo-Shank-Horn-Klee-Collette
  4. The Four Winds Blow
    作曲
    Paul Horn
  5. Pony Tale
    作曲
    Paul Horn
  6. Machito
    作曲
    Pete Rugolo
  7. Short Story
    作曲
    Buddy Collette
  8. Flute Diet
    作曲
    Buddy Collette
  9. Improvisation (With Conga)
    作曲
    Rugolo-Shank-Horn-Klee-Collette
  10. The Shrike
    作曲
    Pete Rugolo
  11. Laura
    作曲
    David Raksin
  12. Smile
    作曲
    Charlie Chaplin
  13. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  14. I Can't Believe That You're In Love With Me
    作曲
    Clarence Gaskill/Jimmy McHugh
  15. Intermezzo
    作曲
    Heinz Provost/Robert Henning
  16. The Bad And The Beautiful
    作曲
    David Raksin
  17. Swinging On A Star
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  18. Ruby
    作曲
    Heinz Roemheld/Mitchell Parish
  19. The Trolley Song
    作曲
    H. Martin/Ralph Blane
  20. Colonel Bogey & River Kwai March
    作曲
    K.J. Aldford

演奏者:#1-9

Buddy Collette
flute,alto flute,piccolo
Bud Shank
flute,alto flute,piccolo
Paul Horn
flute,alto flute,piccolo
Hayy Klee
flute,alto flute,bass flute
Bill Miller
piano
Joe Comfort
bass
Bill Richmond
drums & conga

演奏者:#11-20

Buddy Collette
C-flute,alto flute
Bud Shank
E-flute
Paul Horn
flute
Hayy Klee
alto flute,bass flute
Jim Hall
guitar
Bill Miller
piano
John T. Williams
piano
Red Mitchell
bass
Shelly Manne
drums
Earl Palmer
drums

スポンサーサイト

Joe Turner : Big Joe Rides Again (1959年)[CD]

Big Joe Rides Again

オススメ度

★★☆☆☆

所感

オリジナル
カバーアート

カバーアート変更版

歌手ジョー・ターナーによる、ほぼ全曲ブルースのボーカルアルバム。ジャズブルースではなく3コードの古典的なブルース。しかも全てテンポがゆっくりのずっしりした曲。野太い男性ボーカルで、ブルースとはこういうもんじゃ~っという実に明快な1枚。ジャズスタンダードはTime after timeとPennies from heavenの2曲のみ。聴き所があるとしたらTime after timeでのコールマン・ホーキンスによるテナーサックスのソロかと。

なお、オリジナルLPのカバーアートはジョー・ターナーを下から煽った顔アップの写真。オリジナルLPの発売元でもあるAtlantic 社が1987年に発売したCD(おそらく初CD化したもの)はカバーアートを変更し横向きの顔のデザインになっている。その後別レーベルが発売したCDはオリジナルのカバーアートを採用している。

ジム・ホールは10曲中の9曲目で演奏。ほぼ4つ切りのリズムギターでかすかに聴こえる程度。(#9.Pennies from heavenのみギターはFreddie Greeneが演奏。このギターもリズムのみ)
雑誌JAZZLIFE 1994年10月号(株式会社立東社)のジム・ホールのインタビュー(取材はギタリストの井上智、1994年6月4日、6日)では、ジム・ホールがこのアルバムに参加した経緯を話している。

引用
(アルバム Dedications & Inspirations (1994年)[CD]収録の曲Hawkについて)
JH:これはコールマン・ホーキンスに捧げた。
(中略)
-コールマン・ホーキンスと演奏した経験は?
JH:何回かある。ニューポート・ジャズ・フェスティヴァルのジャム・セッションで、ジョー・ターナーの伴奏で一緒に演奏した。大昔のことだ。確かフレディ・グリーンが当初演る予定だったが、彼がそのとき病気になってしまって-。
-トラを務めたわけですね。
JH:そうだ。

以上、レア音源を探し続けるジム・ホールマニア向け。ジム度星2つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Big Joe Rides Again
アルバムタイトル(邦題)
ビッグ・ジョー・ライズ・アゲイン
アルバム名義
Joe Turner
アルバム名義(邦名)
ジョー・ターナー
収録年
#2,3,4,5. 1959/9/9 #1,6,7,8,10. 1959/9/10, #9.1956/3/7
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.:Atlantic SD 1332
所有盤
国内CD・・・といえるか不明。CDは日本語の帯が付いており「日本初CD化」「2013年 デジタル・リマスタリング」と表示あり。日本語のライナーノーツもついている。レコード会社の所管やら流通形態は不案内ですがイギリスにあるワーナー傘下のライセンス認可リイシュー専門レーベルstateside recordsが日本向けに生産したAtrantic1000 R&B Best Collectionという再発CDの1つのようです。
CD発売元
stateside records (Warner Music Group)
CD発売日
2013
規格品番
81227945800
EAN
0081227945800
定価
税抜価格952円 税込価格1000円

曲目

  1. Switchin' In The Kitchen
    作曲
    Rudolph Moore
  2. Nobody In Mind
    作曲
    Joe Turner
  3. Until The Real Thing Comes Along
    作曲
    Mann Holiner, Alberta Nichols,Sammy Cahn,  Saul Chaplin,L.E. Freeman
  4. Get The Blues When It Rains
    作曲
    Harry Stoddard, Marcy Klauber
  5. Rebecca
    作曲
    Joe Turner
  6. When I Was Young
    作曲
    Joe Turner
  7. Don't You Make Me High
    作曲
    Danny Barker, Ken Harris
  8. Time After Time
    作曲
    Jule Styne, Sammy Cahn
  9. Pennies From Heaven
    作曲
    John Burke,Arthur Johnston
  10. Here Comes Your Iceman
    作曲
    Joe Turner

演奏者(#1-8,10)

Joe Turnner
vocals
Jimmy Jones
piano (1-8,10)
Jim Hall
guitar (1-8,10)
Jerome Richardson
alto sax (1-8,10)
Coleman Hawkins
tennor sax (1-8,10)
Ernie Royal
trumpet (1,6,7,8,10)
Paul Ricard
trumpet (2-5)
Vic Dickenson
trombone (1-8,10)
Doug Watkins
bass (1-8,10)
Charlie Persip
drums (1-8,10)

演奏者(#9)

Joe Turnner
vocal
Pete Johnson
piano
Freddie Greene
guitar
Pete Brown
alto sax
Seldon Powell
tennor sax
Jimmy Nottingham
trumpet
Vic Dickenson
trombone (1-8,10)
Walter Page
bass
Cliff Leeman
drums
-

Buddy Bregman : Swingin' Standards (1959年)[CD]

Buddy Bregman Swingin Standards

オススメ度

★★★☆☆

所感



下記はBuddy Bregmanが
編曲参加のアニー・ロス、
Gypsyとのコンピ。
ジム・ホールも参加

アメリカの音楽プロデューサー、Buddy Bregmanによるスタンダード、ポップのジャズアレンジ。清く明るく正しいアメリカンなジャズオーケストラ。快活で聴きやすい演奏。楽しげ。ちょっと旅にでも行きたくなるようなビッグバンドなジャズ。聴いているとアメリカ横断ウルトラクイズとか連想しちゃう私はもういい加減よい歳と自覚するこのごろであります。ニューヨークへ行きたいかーッ

#1~10がタイトルアルバムで、#11~22は別アルバムDig Buddy In Hi-Fiをボーナストラックとして収録。
Buddy Bregmanはジャズ関係では有名なのかな。ジム・ホールと同じ1930年生まれ。エラ・フィッツジェラルド、フレッド・アステア、ルイ・アームストロングなどのレコードに携わったみたい。

さてジム・ホールは左チャンネルで徹頭徹尾、ザクザクと四分刻みのバッキングのみ。派手な金管楽器隊に埋もれずにわりときちんとギターは聞こえます。ちなみにBuddy Bregmanアレンジによる Annie Ross : Gypsy (1959年)[CD] があり、こちらにもジム・ホールが参加しています。
ジム度はかなり低いけど、内容はわるくないのでので星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Swingin' Standards
アルバム名義
Buddy Bregman
収録年
"Swingin' Standards"  #1-10 : 1959 , Los Angels, "Dig Buddy In Hi-Fi" #11-22 : 1957/2/22 (#17-20) ,1957/8/5 (#11,13-15),1957/8/6 (#12,16,21-22) Los Angels
発売元,レーベル
Lone Hill Jazz, Licensed by Long Horn Inc. (Original ,World Pacific,WP-1263)
所有盤
輸入CD
CD発売日
2006
規格品番
LHJ10243
EAN
8436019582435
定価
N/A
備考
録音日がCD裏面ジャケットとインターネット上の情報と一部食い違いがある。ここではCDの表示を記載。

曲目

  1. My Buddy
    作曲
    Gus Kahn,Walter Donaldson
  2. All Of You
    作曲
    Cole Porter
  3. In A Mellow Tone
    作曲
    Duke Ellington
  4. I Love Paris
    作曲
    Cole Porter
  5. It's All Right With Me
    作曲
    Cole Porter
  6. Too Chose For Comfort
    作曲
    Jerry Bock, George David Weiss, Larry Holofcener
  7. Baubles, Bangles And Beads
    作曲
    Robert Wright, George Forrest
  8. Imagination
    作曲
    Jimmy Van Heusen
  9. My Heart Stood Still
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  10. Just In Time
    作曲
    Jule Styne , Betty Comden , Adolph Green
  11. This Is Beauty
    作曲
    Herrick,Grouya
  12. Monique
    作曲
    Jerry Livingston
  13. Holiday In The Highlands
    作曲
    Trippe, Gerry
  14. Left Bank
    作曲
    Jacobs
  15. Lullaby Of Birdland
    作曲
    George Shearing,B. Y. Forster (George David Weiss)
  16. Golden Guitars
    作曲
    Jerry Livingston
  17. A New Girl In Town
    作曲
    Bob Merrill
  18. Where Is Cinderella
    作曲
    Richard Rodgers ,Oscar Hammerstein II
  19. The Sin Of Pat Muldoon
    作曲
    Richard Adler
  20. Nickelodeon Holiday
    作曲
    Gene Bone and Howard Fenton
  21. Carousel On A Side Street
    作曲
    Leonard Marker , Charles Friedman
  22. Holiday
    作曲
    Sake,Zerubia, Taylor

演奏者

Conte Candoli(#1-5),Al Porcino,Ray Triscari,Stu Williamson / John Audino (#6-10,replace Conte Candoli)
trumpet
Frank Rosolino, George Roberts,Lloyd Ulyate(#1-5),Joe Howard / Marshall Cram (#6-10,replace Lloyd Ulyate)
trombone
George Roberts
bass trombone
Bob Cooper, Bill Holman, Richie Kamuca
tenor sax
Bill Perkins
baritone sax
Russ Freeman
piano
Jim Hall
guitar
Monte Budwig
bass
Mel Lewis
drums
Buddy Bregman
arrange,conductor

演奏者 :Dig Buddy  in Hi-Fi  (#11-#22)

Personel
unknown
-

Lee Konitz : You And Lee (1959年)[CD]

You And Lee Lee Konitz

オススメ度

★★★☆☆

所感


アルトサックス奏者、リー・コニッツのアルバム。6~9人のコンボ編成。のどかで明るく聴きやすい曲が中心。後年のLee Konitz : The Lee Konitz Duets (1967年)[CD]よりぜんぜんききやすくて普通。普通すぎる。このころはまだまだ普通のジャズだったんですね。
しっかりと編曲されたブラスのバッキング隊に、かろやかにのるサックスのアドリブを楽しむ、そんな感じの内容。
ジム・ホールに縁の深い面々が参加しているのも特徴。ジミー・ジュフリーがアルバム全体の曲のアレンジ。トロンボーンにボブ・ブルックマイヤー。なんとピアノにビル・エバンス。
もしやジム・ホールとビル・エバンスのはじめての共同作業(桃色脳内)があるかとおもいきや、ジミー・ジュフリーの采配により、ギターとピアノは入れ替わる編成となっており、共演はしておりませんでしたー。収録も完全に別の日の収録。ジム・ホールとビル・エバンスが蜜月の共演を果たすのはこの3年後、(Bill Evans & Jim Hall : Undercurrent (1962年)[CD])でございました。

ジム・ホールの演奏はバッキングのみ。ソロは無し。ジム的にはちょっとものたりませんが、ギターの音色やバッキングのタイミングの取り方が60年代のものに近づいているのがわかり、興味深いです。
アルバムはよいですがジム・ホール度の観点で星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
You And Lee
アルバム名義
Lee Konitz
アルバムタイトル(邦題)
ユー・アンド・リー
アーティスト表記(日本語表記)
リー・コニッツ
収録年
#1,2,4,8 ; 1959/10/29,#3,5,6,7 ; 1959/10/30,at NYC
発売元,レーベル
Verve Records ,Original LP  MGV 8362
所有盤
国内CD
国内CD発売
ポリドール株式会社
CD発売日
1991/11/1
規格品番
POCJ-2149
JAN
4988005089397
定価
1,942円(税抜)
備考
上記所有CDは再販CDと思われる。初CD化のデータはおそらくポリドール 発売日1988/9/1 カタログ番号J28J-25102 JANなし。

曲目

  1. Ev'rything I've Got (Belongs To You)
    作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  2. You Don't Know What Love Is
    作曲
    Don Raye;Gene DePaul
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    Walter Donaldson
  4. I Didn't Know About You
    作曲
    Duke Ellington;Bob Russell
  5. You're Clear Out Of This World
    作曲
    Harold Arlen;Johnny Mercer
  6. The More I See
    作曲
    Harry Warren;Mack Gordon
  7. You Are Too Beautiful
    作曲
    Richard Rodgers;Lorenz Hart
  8. I'm Getting Sentimental Over You
    作曲
    Reg Howard;Ned Washington;George Bassman

演奏者

Ernie Royal, Marky Markowitz, Phil Sunkel
trumpet
Eddie Bert, Billy Byers
trombone
Bob Brookmeyer
valve trombone
Lee Konitz
alto sax
Bill Evans
piano (o ntracks #1,2,4,8)
Jim Hall
guitar (on tracks #3,5,6,7)
Sonny Dallas
bass
Elvin Jones
Roy Haynes
Jimmy Giuffre
arranger

Annie Ross : Gypsy (1959年)[CD]

Annie Ross Gypsy

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ジャズボーカルもの。1959年のニューヨーク・ブロードウェイで初演されたミュージカル「ジプシー」の歌曲を、アニー・ロスが歌唱したもの。アニー・ロスはジム・ホールと同じ生まれ年(1930年7月25日生)で、これを書いている2015年現在もまだニューヨークで現役でライブされているようです。年寄り扱いなど失礼ではありますがいつまでも元気でいていただきたいですね。

さてアルバムの大半は陽気なビッグバンドぽい伴奏の演奏。ボーカルが主役なので、演奏は自由に弾くというよりはしっかり編曲した構成。ブラス隊が中心の編曲で、ジム・ホールはひたすらバッキングで、そほど目だっていない。古い音源にしては、マスターがよいのか、音はよいかんじ。アニー・ロスの歌声は好きですが、ジム・ホール度は少しってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Gypsy
アルバム名義(英語表記)
Annie Ross
収録年
1959
オリジナルレコード レーベル
World Pacific (ST 1276)
所有盤
輸入CD
CD発売元
Capitol Records
CD販売元
Pacific Jazz
CD発売日
1995
規格品番
724383357420
EAN
724383357420
定価
N/A

曲目

  1. Overture
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  2. Everything's Coming Up Roses
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  3. You'll Never Get Away
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  4. Some People
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  5. All I Need Is A Boy
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  6. Small World
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  7. Together
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  8. Let Me Entertain You
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim
  9. Guitar Blues Odyssey: From Roots To Fruits
    作曲
    Jule Styne and Stephen Sondheim

演奏者

Annie Ross
vocals
Conte Candoli
trumpet
Pete Candoli
trumpet
Frank Rosolino
trombone
Herb Geller
alto saxophone
Richie Kamuca
tenor saxophone
Stan Getz
tenor saxophone
Bill Perkins
baritone saxophone
Russ Freeman
piano
Jim Hall
guitar
Monte Budwi
bass
Mel Lewis
drums
Buddy Bregman
arranged

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
SSL用修正作業中 完了時期未定

タグ(サブカテゴリ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。